ビットコイン以外の仮想通貨をまとめてアルトコインと称しますが、アルトコインの中にはイーサリアムのように既に評価額が高く有名になっている仮想通貨が存在します。

ビットコイン以外の全ての仮想通貨がアルトコインですから、様々な種類の仮想通貨が存在することになるでしょう。しかし、アルトコインには大きく分けて2種類に大別出来ることを知っておけば、投資対象とすべき仮想通貨を判別できます。

仮想通貨本来の役割は、通貨として商品やサービスの売買に使用する性質を持つわけです。ペッグ通貨と呼ばれている仮想通貨は、USドルといった国際通貨と等価交換出来る性質を持つ仮想通貨であって、Tetherといった仮想通貨がペッグ通貨と呼ばれます。

ペアとなった法定通貨の価値とペッグ通貨の価値は連動するので、国際通貨として認められているUSドルやポンド、円、ユーロといった安定した国際通貨とペアにした取引を行えば、ある日突然無価値な存在となってしまうことはありません。

運営会社が倒産してしまうと、ペッグ通貨の価値は無くなってしまいますが、明らかな不正が行われない限りは市場値動きが落ち着いているので、安全性が高い仮想通貨といえるでしょう。

ペッグ通貨以外のアルトコインは、市場取引により価値が決まります。全ての仮想通貨を直接交換出来るわけではなく、取引所を介してアルトコインは売買されます。

仮想通貨の中では別格扱いとなっているビットコインによる売買は、アルトコインの多くが対応していますが、ビットコインの価値が高まりすぎてアルトコインの中でも価値が低いタイプのものは、ビットコインによる売買では割高になりかねません。

なぜなら、ビットコインの最小単位よりも低価格な仮想通貨は、ビットコインの最小単位でしか取引出来ないからです。

登場して間もないアルトコインや、存在があまり知られていないために小さな取引所のみで細々と取扱がされている仮想通貨は、別の仮想通貨を経由してビットコインと購入しなければ、適正価格での購入は難しいでしょう。

例えば、日本国内ではモナコインが有名ですが、XPと呼ばれる仮想通貨はビットコインとの直接交換には適しておらず、DOGEへ一旦交換してからビットコインとの取引を行う方法が一般的です。

日本円でビットコインを購入して、ドッジと交換してからXPを購入するといった流れとなります。

仮想通貨同士の交換取引では、価値が違いすぎる仮想通貨同士の取引に対して、中間的な価値を持つ仮想通貨を間に挟む方法が採用されています。