電話占い利用法
占い師と顔を合わすことなく気軽に相談できる、これは電話占いの一つのメリットです。しかし対面する必要はないといっても、知らない人と電話するのは緊張しますよね。

自分の相談したいことをはっきりと先生に伝えられるかどうか、不安な方も多いのではないでしょうか。

「正確な助言が欲しい」
「お金を無駄にしたくない」

そんな皆さんに向け、当記事は電話占いを利用するときのポイント、コツをご紹介いたしましょう。

お金を絶対無駄にしない!電話占いの使い方

電話であっても知らない人が相手だと緊張してうまくしゃべれない。そのような自覚のある方は、占い師さんに電話をする前に、自分の相談したいことを紙に書き出しておくとよいでしょう。

「カンペ」が手元にあれば、冷静に、伝えるべきことを余すところなく伝えることができるはずです。

占いに必要になることの可能性のあることは、恋愛相談なら、彼のフルネーム、生年月日、あなたとの関係性(現在と過去)、今後どうなりたいかという希望や、彼の何を知りたいのかということです。

もちろんあなたの生年月日等も訊かれることとなります。緊張が高じてパニック状態になると、自分の生年月日さえ中々出てこないということもあるかもしれません。心配な方はいちおう書き出しておきましょう。

感情的にならないように

別れや復縁の相談になるとどうしても、感情的になってしまうものです。それもある程度は仕方がないのですが、たとえば涙を流していますと、声が震えて、あなたの言いたいことが占い師さんにうまく伝わらない可能性があります。

また、彼に対する怒りから、口調が荒っぽくなってしまうこともあるかもしれません。八つ当たりをされるのは、たとえ占い師であっても気分の良いものではないのです。

温かい紅茶でも飲みながら、あるいは足湯にでも浸かりながら、心身をリラックスさせた状態で相談するのがよいでしょう。

もしかすると占い師さんは、あなたの思う「彼のここが悪い」「嫌だ」というのを否定したり、批判したりするかもしれません。またあるいは彼を擁護することもあるかもしれません。

それはすべてあなたのことを思って言っているのであり、あなたのことが嫌いで言っているわけではないのです。

ちょっと腹に立つことを言われてもそこはぐっと堪えて、なぜそう思うのか詳しく聞いてみてください。そうすると意外と、占い師さんがまともなことを言っているのがわかるはずです。

自分が「これは絶対」と思っていることでも、傍から見れば、偏っていたり、誤っていたりすることは少なくありません。

占い師さんがあなたの考えに反することを言ったとき、それは自分の思い込みを正すチャンスであるかもしれないのです。落ち着いて、耳を傾けましょう。

言われたこともメモしておこう!

占い師さんに良いアドバイスをもらっても、それを忘れてしまっては意味がありません。

しかし緊張のせいで助言が中々頭に入ってこず、電話を切った瞬間に「あれ、先生なんて言ってたんだっけ?」となってしまう可能性は決して低くはないのです。ですから先生と話している間は、助言を逐一メモに書き留めましょう。

メモの仕方ですが、先生の言うことを一言一句書き留める必要はありません。それでは会話が滞ってしまいますし、通話時間が長くなり費用がかさんでしまいます。キーワードを書き並べていくイメージでメモしていくとよいでしょう。

まとめ

以上、電話占いを利用する際のポイントをご紹介いたしました。

知らない人と話すのは怖い、緊張する。そのような人はあらかじめ自分の悩みについて書き出しておきましょう。

感情的にならないように注意しつつ、メモを取りながら話せば、それは有意義な人生相談となるはずです。あと一つだけ言っておけば、ポイントは事前に多めに購入しておいたほうが良いと思います。

みなさんも電話占いで、自分が今後どう動いていくべきか、占ってもらってはいかがでしょうか。

話題の電話占いサイト比較→電話占い無料なら.com