仮想通貨 海外
現在巷で話題の仮想通貨ですが、これで儲けたという人も結構いるのは事実です。しかし一体この仮想通貨というのは何なのでしょうか。投資対象であることばかりが強調されている昨今ですが、使い方としてはどんなものがあるのでしょう。

仮想通貨はインターネットなどで取引に利用ができる通貨です。しかし各国家が出している、法定通貨とは一線を画します。法定通貨ではないので、実体は勿論ありません。

インターネット上での数字のやり取りというのが、ふさわしい言い方になるかもしれません。しかしこの、法定通貨でないということが国を越えての取引などに使用するのに、非常に便利に働いてくれるのです。

例えばA国の会社がB国の会社と取引をしたとして、その決済をするとします。この時A国の会社はまず銀行で、A国の法定通貨をB国の法定通貨に換金する必要が出てきます。ここで手数料が発生するので、銀行にそれを支払う必要があります。

換金後にA国内の銀行から、B国内の銀行にこの換金されたお金が振り込まれるわけです。ここでも振込手数料を、銀行に支払わなくてはなりません。

手順も多いですし、またかかる日数も、国同士の距離が遠ければ特に、振込が終了してB国の会社の口座に振り込まれるまでに週単位の日数がかかることさえあります。銀行に支払う手数料も、かなりの金額に登ります。これが今までの、法定通貨による取引です。

しかしここで仮想通貨を使用したとしましょう。A国の会社は法定通貨を仮想通貨に換金します。これはネット上で、手数料を支払う必要はありますが、簡単にできる作業です。そしてそれをB国の会社に送金すれば、そこで決済が全て終了できるのです。

だいたい数日で一切が終了できるので、法定通貨を使用するよりはるかに短い時間で取引が終了できるわけです。手間もほとんどかかりません。エコと言ってもいいほどの、作業の短縮ができるわけです。

勿論個人の場合もこのやり方で、海外への送金が簡単に短時間にできることになります。

例えば子供の留学先への送金などでの手数料や届くまでの時間の短縮は、目をみはるほど変化します。時間がなくて、もしくは非常に急いでの海外送金の場合など、この仮想通貨を使用すれば簡単にお金が送れるということです。

電子マネーと違って、一旦法定通貨を仮想通貨に換金してもその後、また法定通貨への換金が可能だという仮想通貨の面目躍如です。

投資の対象と考えるだけでなく、実際に使用してみるとその便利さが実感できることでしょう。